エイリアンとプレデターだけじゃなかったら?終わる?世界・・・。

エイリアンとプレデターが一緒に来たら大変だけど、
近況もなんだか大変なので、お察しください。
友北ななめしです。
えーと、そのうち詳細報告します。
とりあえず、
タマゴサンドにカレーうどん、ハンバーグに鳥の塩焼き(焼鳥を含む)ときて、
今回は、
鯖の刺身!
です。
シメサバではありません。
あくまでも鯖の刺身です。
かつて鯖の生き腐とまで言われた、鮮度の落ちるのが早い魚、鯖。
数十年前の友北少年をして、
「どうして鯖にはシメサバ意外に普通のお刺身がないの?」
と言わしめた鯖。
当時の友北少年は
「医者にあと3日の命ですと言われたら、鯖を刺身で食べてから死にたい」
と言い、家族の失笑を買ったとか。
そんな鯖も技術の革新で刺身で食べられるようになったわけで。
鯖。
あ、ダメなら塩焼きや味噌煮でも良いです、鯖。
シメサバにはそれほど魅力を感じないのですが、自家製シメサバとかはオッケーです。
ああん、忙しいのにぃ。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク

『エイリアンとプレデターだけじゃなかったら?終わる?世界・・・。』へのコメント

  1. 名前:のり 投稿日:2009/10/25(日) 08:50:11 ID:589fc6ab0 返信

    『遊ぶベ!道南探検隊』なのに、「いかソーメン」じゃなくて「鯖の刺し身」、
    函館人ならだれでも知ってるあの「やきとり」じゃなく本物の「焼き『鶏』」、
    函館人はみんな行くあそこの「ハンバーグ」じゃなくて「家庭風ハンバーグ」、
    函館「塩ラーメン」じゃなくて「カレーうどん」、
    函館名物のあのバーガーじゃなくて「たまごサンド」を
    最期の食べ物に選んじゃう友北さんの、やらせ全く無しの素直な感じが、
    このサイトの人気の秘訣かと。笑。