二人目の出産秘話? 一回目

近所からややはなれたスーパーのリサイクルボックスに、

ねりこ(ヨメ)が療養中につきオイラが資源を持っていったところ、

いつの間にかリサイクルボックスが撤去されてて、

大量のゴミ資源を抱えたままウロウロするはめになり、

アメリカの映画に出てくる「その筋の方」みたいになりました。

友北@ななめしです。



更新できずにいたら、だんだんHIT数も減ってきました。

世の中厳しいですね。



さて、



出産秘話(って程ではないんですが)第一回目です。





某日、朝。

午前中、やや破水気味だったので、病院へ行き、そのまま入院。

実は友北は一週間ほど前に腰をギクっとやっていて、

さらにこの日の前日にサッカーで腰を強打。

まともに歩けない状態だったが仕事には従事していた。



仕事が終了して病院へ。



とりあえず、すぐに出産では無いとの事だが、

子宮口が開いてきているので近いとの事だった。



次の日。

休暇をもらい、病院へ。

陣痛の兆候は無いものの、ねりこは陣痛室に移っていた。

陣痛促進剤を点滴することになったのだ。



医者の話では、陣痛が来たらすぐなので、

心の準備はしておくようにとの事だった。



陣痛室にはテレビも無く、ヒマである。

しかも、オイラの腰痛もかなりひどく、

病院でベッドの横の椅子に座っているのも辛い。



そういうわけで、ベッドの横の長椅子をベッドに横付けし、

オイラも横になった。

当然、オイラのでかい体は長椅子の幅を大きくオーバーするので、

出産間際の妊婦のベッドの一部を侵略する事になったが、

心優しいねりこは何も言わずに受け入れてくれた。

正直、こちらもかなり辛いのだ。



陣痛を待つねりこと

腰痛を持つ友北。



二人仲良く陣痛室で横になっていた。

横になってると人間眠くなるもので、

前日からの疲れもあってか、

グースカいびきをかきながら寝入ってしまった。

そんな中、しょっちゅう検診に来ていた看護師は

どんな思いでオイラを見ていたのだろうという疑問がわいたのは、

たった今これを打ち込みながらだ。



しばらく全く兆候が無く、昼食時間となった。

ねりこの病院食は蕎麦であった。

オイラも昼食をとるために外出する。



せっかく仕事も休みにしての昼食だ。

豪勢なものでも食べようと、

『ラーメンのさい条』へ。

自慢の味噌チャーシューをたいらげ、

満足とともに病院へ帰ってきた。



しかし、ここに誤算があったのだ。



オイラ『やぁ。どうだい?』

ねりこ『!!??ちょっと!!!???』





続く・・・

スポンサーリンク