横津と城岱ときびだんご

ちょっとだけドライブ。

横津スキー場から

現在の横津スキー場

現在の横津スキー場

現在の横津スキー場

現在の横津スキー場

現在の横津スキー場

現在の横津スキー場

城岱牧場

城岱牧場に売っていたきびだんご。黒蜜きなこ餅!

中身。北海道のきびだんごはこんな感じなんですよ。

北海道を開拓していた屯田兵の携帯食として作られたものが元になっています。
原材料は、餅粉や砂糖、水飴など。また、このお菓子が発売された大正12年に起こった関東大震災の復興への願いも込められているそうです。

名前の「きびだんご」は、【事が起きる前に備え、団結して助け合う】から「起備団合」ということで付けられたものだそう。常温で賞味期限が180日ということで、災害食としても重宝されたんですね。(参考:株式会社 天狗堂宝船

オブラートに包まれていて、このまま食します。初めてうちの子にきびだんごを食べさせた時は、オブラートを剥がそうとしてベタベタになっていたことを思い出します(笑)

今回食べたこの黒蜜きなこ餅は、オブラートが黒蜜味でした。オブラートに味をつけることも可能なんですね・・・!美味しかった!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】天狗堂きびだんご 4本×3パック
価格:600円(税込、送料無料) (2017/5/5時点)

さすがに通販ではノーマル味しか無かったです。
色んな味を食べたい方はぜひ七飯町へ!

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク