遭難寸前林道一人旅1

1996年のそれはそれは暑い日の出来事でした。



そのころの私は、RV車を手に入れ(初代テラノ・もちろん中古)、

(当時はまだ結婚前だったが)友北@と林道走りに目覚めていました。

この日は久しぶりの休日。

朝起きたら天気は快晴。

「おお!山が私を呼んでるぜ!!」

なんて思ってしまい、

女一人で山に行こうと思い立ってしまったのでした。

行かなきゃ良かったのにね・・・。





当時、私が住んでいたのは道南の八雲町。

この町は山も川も海もあり、アウトドア好きには大変良い町でした。

特に山は、まさに北海道!と言える

素晴らしい大自然が残る場所がほとんどで、

近くの畑には当然も多数出没し、デントコーンを食い荒らしていましたね。





さて、その暑い日曜日。

家を出た私は愛車のテラノに乗って、

八雲から今金に抜ける
「奥富林道」を目指しました。

きちんとどこかへ抜けられる林道はあまりなく、結構途中で行き止まりになることも多いのですが、

この「奥富林道」はしっかりと今金に抜けられるというのです。





道道42のセイヨウベツ橋から、その林道は続いています。

見ると、入り口はすぐに見つかり、念願のドライブに心も弾みました。。。

「天気もいいし、最高だ!」

なんて独り言を言いながら、どんどん進みました。

途中にはいくつか畑が広がり、時折軽トラックも停まっていたりして、

北海道の夏を満喫!モード突入です。



そのうちに、少し開けた場所に出ました。

そこには離農した農家の廃屋が数軒。

こんな山奥にも入植したのか・・・と、当時の農家の人たちの苦労を偲びました。

「八雲の市街地からは、ここまで車で30分はかかった・・・。

ここから歩いて街へ出るためには、当時何時間かかったのだろう。

冬はどうやって生活していたのだろう・・・」などど。

目を畑の跡と思われる草むらにやると、
グリーンのテラノ(2代目)が停まっていました。

奥にはどうやら川が流れているようで、

「釣り人かな?」そう独り言をいいつつ、その場を通り過ぎました。



しばらく行くと、分岐に出ました。

右と左に道が続いています。

砂利道とはいえ、どちらもしっかりと車の通った跡があり、

すぐに行き止まりになりそうな道ではないようです。



「どっちに行こうかな・・・。

 ま、
って感じかな。」




が、よく見るとそこには小さな看板が!





「←今金」






おっと、危ない危ない。

看板を見落としてしまうところでした。

林道で行き止まっちゃうと戻ってくるのが大変なんだよね・・・。

脱輪とかスタックとかしちゃうこともあるしね。

なんたって今日は一人の冒険なんだし、慎重に行かないとね。

こうして運命の歯車は動き出しました・・・。




※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク