皆様、こんにちは。友北@です。



今日はひな祭りですね。



うちの娘の初節句です。



朝からうきうきです。



まあ、友北@はのんべえなので、

甘いもの
はどちらかというと苦手なんですが、



一年に一度、この時期に食べる

「ウグイスもち」だけは昔から大好きなんです。



で、今日は朝から七飯の和菓子屋「遥し乃」の

ウグイスもちを楽しみにしていたんです。



そしたらね。



売り切れだとさ。



だから、

代わりに買ってきましたよ。

桜もち。





桜もち、今でこそ嫌いじゃないんですけど、



昔はあのしょっぱい桜の葉苦手だったんです。



ただ、

友北@は、

食べ物の好き嫌いに関しては自分に厳しく、




一度嫌いになったものでも、

必ず
リベンジをし、克服してきました。




桜餅も例に漏れず、

子供の頃の好き嫌いを克服すべく、

高校時代にリベンジしたんです。




ただ、

その相手が悪かったのか、もっと嫌いになってしまいました。




おそらく、もう今はないでしょう。

(念のため、インターネットで検索してみたら、どうやら別物らしいのが紹介されていました。)















その相手の名は、



























桜もちアンパン。





パンの中にモロに

桜餅が一つ丸ごと入っている
というものでした。





いいですか、みなさん。パンの中ですよ。



購買で売ってるような、半ば乾燥気味のパン。



そこに「もち米」の感触の大いに残った桜餅が、



あのしょっぱい葉っぱにくるまれて、



さらにその中にあんこが入ってるんです。



さらに、どう考えても



パン・もち米・葉っぱV.S.あんこ



の割合がおかしいんですよ。

パンがなければ、

ギリギリのバランスだったかもしれませんね。




しかし、この製品はあくまで、









桜もちアンパン





なんです。









栄養学的に見れば、



パン-炭水化物

もち米-炭水化物

あんこ-炭水化物

葉っぱ-ビタミン類・食物繊維等








おお、尿が甘くなりそうだ。







高校時代の購買で大混雑の中、やっとの思いで手にしたそいつは、

ものの見事にオイラを裏切ってくれました。













まあ、そいつを食べた友人の中には、

「いや、結構おいしいよ」

って言う人もいたので、所詮味覚なんて人それぞれなんでしょうけどね。





ああ、



桜もちアンパン。



やなせさん、季節限定で登場させないかな。アレに。



そうしたら、性別はどっちになるのかな。



外見はア○パンマンだけど、中身は女性的な桜もち。



・・・。

複雑な問題が絡んできそうですね。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。