今日はネット環境がよくなくて、

ネットにつながりにくいようです。



もしかして、うちのサイトにみんなが殺到して・・・

なんていうはかない夢を見ていた友北@です。



職場からのアクセスも出来なかったので、

帰ってからのお楽しみにしていたアクセスカウンターに

現実を突きつけられた友北@です。



いや、みんなも仕事場からアクセスできなかったに違いない。



前向き前向き!





さて、



今日は昨日とは違い、雪の壁はありませんでしたが、

路面状況は凍結で、かなり気を使って通勤しました。



すぐ目の前でトラックが

2車線をフルに使って、

ドリフトしながら

カーブを曲がっていったのには

ちとビビリました。








今日も昨日と同じ道を通りましたが、さすがに吹き溜まりはありませんでした。





で、



今日、実は、電話があったんです。オイラ宛に。



若い女性から。



ヒヒヒ。



そりゃ、嫁さんがいたって、娘がいたって、

燃え上がるでしょ。



いや、浮気はしませんよ。

しませんが、

若い女性と電話するってだけで、

燃え上がるもんなんですよ。30歳超えると。



それがたとえ

NTT104(番号案内)のお姉さんでもね。



ま、今回はNTTじゃなかったんですよ。

だからこそ
燃え上がったんです。









最初、上司が受けたんですけどね。





上司「友北君、さっき若い女性から電話があったんだが。」



友北@「はあ。」



上司「なんか、
20代くらいで体のがっしりした男性いますか、っていわれてな。」



友北@「はあ、じゃあ、僕ですかね。」






20代ではないけど、今の職場で若い男性はオイラだけだし。

いったい何の用だろう。わざわざ職場に電話よこすなんて。






上司「なんでも、直接会ってお礼をしたいって言うんだ。」



友北@
「え、ホントですか!」









な、何!若い女性と直接会える!?お礼!?

わざわざ電話かけてきて、直接会いたいって!?

おおう、セニョリータ。

オイラのファンなら、

まずは
メル友から始めようじゃないか。

それを
いきなり直接会いたいだなんて。

チッチッチッ。君はせっかちだなあ。

でも、

そんな
せっかちも、きらいじゃないさ、フフフ。

今度は上司抜きで話をしようじゃないか。










友北@「本当に若い女性だったんですか?」



上司「ああ。
かなり若い女性の声だったよ。

しかし、昨日ってそんなに雪積もってたか?」



友北@「え?(なんで突然・・・)

・・・ご存知ないかも知れませんが、昨日通勤途中、

吹き溜まりですごいことになってましたよ。」




上司「そうか。

なんか、その雪に突っ込んだところを

助けたんだって?

えらいな、君も。

しかもそれで自分の名前を

名乗らなかった
んだろ?」















いや、それ

オイラじゃないし。






オイラは自分から

雪山に突っ込んで遊んでましたから。




誰も助けていません。

っつーか、若い女性が車で雪山に突っ込んでいるような、

漫画みたいな展開が期待できるような

素敵な場面に是非遭遇してみたいくらいです。









その後確認してみたら、

うちの職場と同じような名前の会社かなんかと

間違ったらしいです。

その娘が雪山に突っ込んだ場所も

遥か違う場所のようです。







みじけぇ夢だったぁ~(儚)。







で、



その後、上司が、



上司「一応、私の方でも確認するために、

友北君の名前を

向こうに伝えてみた
ら、

わからんといってたよ。あはは。




















あいたたたたた・・・。





いや、ちがうっつってんだから、

オイラの名前は伝える必要ないのでは?

大体、その親切な人が名乗ってないなら、

オイラの名前を言ったってわからんのは、

当たり前では・・・。












・・・お嬢さん。



・・・・僕のことは、忘れるんだ。

・・・・・その方が、

・・・・・・・その方が君は、幸せになれる。フッ。














じゃないと、

オイラが

みじめすぎるんだよぉぉぉぉ(泣)!




「人の夢」とかいて「儚い」とは、漢字ってつくづくよく出来てるよな・・・。







このお話の衝撃的続きはこちら


※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。