そういうわけで、5日に書いた日記、ほんとに消しました。

まったく、公開を後悔。

・・・・。

気を取り直して行きましょう。

さて、天気のいい金曜日、同僚に対して、

「今日は6時に帰って、

夕日を見ながらビール飲みます」宣言をして、

サービス残業してたんですが、

6時までに終わるはずもなく、

悲しい気持ちで更なる残業の決意を新たにしたところに電話が来ました。

ねりこ@からでした。

「熱出ちゃった・・・。」

仕事を切り上げて帰ってきましたが、

ビールも夕陽もおあずけの友北@です。

皆さんもお大事に。

さて、

先々週になるんですが、

珍遊記の続きを・・・。

「カマの店」を後にした我々一行は、

八雲町山越の「夜泣き石(道南の伝説にUP)」を見学し、

その後、八雲町落部から厚沢部町へと向かうことにしました。

ところで、

北海道といえば様々な動物の宝庫でもありますね。

以前、道東を旅行した時には

道端に鹿がわんさかいてびびったものです。

そういえば、北海道土産として

『熊出没注意』

なんていうロゴのものも、

一世を風靡しましたね。

でも、

これはどうだろう。

標識

車で出会うならそれほどでもないにしても、

バックパッカー(徒歩旅行者)にとっては

かなりの危険が・・・。

実際に出会ってしまったら、

何をどう注意すればいいのでしょう。

かなりの確率で

死にますね。

まあ、

これはこれで真面目な標識ですがね。

この標識のすぐそばにもう一つ発見したんですよ。

標識2

っていうか、

道自体ないし!

へび?

見ようによっては

『マムシ注意』

ともとれるかも。

頭が三角だし。

(どうやら、旧道の標識のようです。)

次回へ続きます・・・。

あと2回分は珍遊記です。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。