いい加減、珍遊記も完成させなきゃならんのですが、

ちと引っ張りすぎで、オチをつけかねている友北@です。

まあ、期待せずにどうぞ。





さて、



素敵な看板を立てていた厚沢部(あっさぶ)町。





まだまだ見所満載です。









ときに、皆さん。



歴史に自分の功績を残す自身はおありですか?





難しいですね。





何事も極めるのは難しいことです。





しかし、



道南には、



あまり極めたくない方向性のもので

その功績を残し、

後世にその存在を十二分に誇示した名所があるのです。









その名も









「ほいどの穴」









「ほいど」とは

簡単に言うと、

北海道弁で

「乞食」

のことです。




いわゆる物貰い。






かつては函館方面からの旅人が

雨露をしのぐのに使ったといわれる半洞窟。

いつの間にかホイドが住み着き、

やがてホイドの穴と称されるようになったとか。





ホイドの穴





乞食もいつの間にか伝説になれるのが道南のすごいところ。



近くにお越しの際には是非訪れてください。

国道沿いです。











さて、







まだまだあります厚沢部町。











話は変わりますが、





皆さん、





『この道は~ いつか来た道~ 嗚呼~ そうだよ~ アカシヤの花が咲いてる~ 』



という曲をご存知ですか。



かの山田耕筰氏の歌曲として、

赤とんぼと並んで有名な曲です。





人は人生をいつしか道に例えます。



自分の目標までの道のり。



自分の足で確かに歩んできた道のり。



さすがに30代ともなると、

そういうことを考えると感慨深いものもあります。




高村光太郎氏の『道程』の一節も浮かんできますね。







それほどに人間は道に対して何かを思い、

そして歩んでいく。



その先に何が待ち構えているかはまた別の話。



恐れずに大地を踏みしめて、



一歩一歩着実に。













で、











この道は?





















鶉NHK線













その先になにがあるのか、

すぐ分かっちゃいますね。

電波基地ですか。




ゲート





しかも、ゲートしまってるし。



わざわざ看板いらんのでは?









とまあ、



今回の半日ドライブではネタがたくさん見つかったわけですが、



そろそろ終盤に近づいて来たわけです。



で、

最後に見つけた名所。



このNHK線の直前(厚沢部より)で

なにやら看板を発見してユーターンしたんです。









珍遊記最後のネタとして、

期待を込めて見に行きました。







その名所の

看板をご覧下さい。




※気分を害する恐れがあります。

ご自分の責任においてご覧下さい。

クリックで拡大します。


おかめ落としの伝説

最後になんで

こんな

ディープブルー

な看板を

持ってくるかな、

厚沢部さんヨォ!










しかし、



ねりこ@は伝説のページ充実に役立つといって喜んでました。



なんにしても、

悲しい伝説に合掌です。



夫婦円満に行きたいものです。





珍遊記…完。











次回予告!!!





函館市 80万円の誤植!!!!



果たして気づいているものは何人か!!







乞う!あんまり期待しすぎない程度のご期待!!!!!

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。