今日は家でゆっくりするはずだったんですが、

出かけてきました。友北@です。

やむにやまれぬ事情があったんですよ。



それは、



「吉野家」の

牛丼並盛サービス券が

2枚あったから
なんです。



ええ。またです。

ご存知の方も多いですよね。

過去日記にもあるとおり、

オイラはかつて吉野家に2度裏切られています。



でも、今日は完璧です。

結論から言ってもいいですよ。

喰ってきました。



で、何度も確認していた「期限」が今日までだったんで、

ややギリギリでしたが2時半に行ってきました。



ところで、あの券って1人で一枚しか使えないし、併用できないんですよね。

つまり、券を2枚持ってても、一度に使えるのは1枚のみ。



もっと言うなら、はずれの券は味噌汁or半熟玉子券として使えるんですが、

それも併用できません。結局、味噌汁券は無駄になっちゃいました。





そういうわけで、今日はまた家族で吉野家です。



もっとも、娘(1歳3ヶ月)はもう歩き回るので、吉野家の中での食事は難しいものがあります。

そこで、テイクアウトするわけです。



ただ、

オイラは持ち帰った牛丼はあまり好きではありません。

ご飯がつゆを吸いすぎているためです。

だからこそいつも、

「並皿つゆだく6個持ち帰りご飯いらない」

というわけです。

(ご飯いらないといわないとご飯はお付けしますかとか言われることがあるから。)



では、今日はどうしたもんでしょう。

並盛のタダ券なので、ご飯がついてきちゃうんです。

だから持ち帰りたくないんです。



と言うわけで



吉野家の駐車場にて

車内で持ち帰り牛丼を

家族で食らう




ということをしました。







ただ、

そこに誤算
が。









今日は日曜日だったので、中学生やら高校生の姿もちらほら。



車内とはいえ、

吉野家の駐車場で

吉牛の容器を持って食ってたら

目立つでしょ。




当然、こっち見て話をして笑ってんですよね。



いや、こっちにしてみりゃ正当な事情があるのは明確なんですが、

人生経験の少ない奴らにゃそれは伝わらないわけです。



さらに、

うちの車、助手席にSRSがついてるので、チャイルドシートは後部座席。

子供をあやすために嫁さんも後部座席。

もちろん後部座席はプライバシーガラスで中はあんまり見えません。



つまり、傍から見ると、

ガタイのでかいヤツが

わざわざ吉野屋まで来て

テイクアウトした牛丼を

吉野家の駐車場の車内で

窮屈そうに食っている。


という事実がそこにあるわけです。





・・・通常の生活では考えられないですね。





自分の心の中では

「違うんだ。しょうがないんだ。これは苦肉の策というか、最善の策というか、ものすごいヒラメキなわけ。だから、貴様ら凡愚どもに後ろ指を指されるいわれはないのだ。」

という心の堤防はあるものの、やっぱり気分はよろしくない。



なんとか正当な理由があることをわからせてやりたい・・・。



そこで、悔しいから人の気配を感じるたびに

意味もなく後ろを向いて嫁に話しかけて、

必死に

「家族で来てるんだ。後ろに家族がいるんだ。」

と言うのをアピールしてみました。












でも、







考えてみたら、

家族で

モソモソ食ってる方が

もっと怪しいよな。







※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。