なんか、ランキングサイトをクリックしてくださった方が

ごく少数いらっしゃったようで、

ちょっぴり嬉しい友北@残業拒否です。

本当にありがたいことです。



一時の天下とはいえ、嬉しいです。



・・・みなさん、まるでオイラの罠にハマったみたいですね。

ごく少数(二人くらい)ですが。







さて、



今日は巷で話題のニュースからお一つ。







有栖川宮の偽者さん(?)が

結婚披露宴開いた話。










ウチのサイトに全く関係ない話ですが、

一応道南情報サイトなので、紹介です。



実は、

道南にも

有栖川宮所縁の場所がある
のです。





場所は、





奥尻島。





有栖川宮徳洋記念碑

なるものが存在するそうです。





文献によると青苗岬にあるそうです。





簡単に紹介しますと、







明治13年にイギリス艦アイヨン・デューク号が函館から小樽へ航海中、奥尻島青苗岬沖で座礁。乗組員はもちろん外国人で、日本語がわからず、救助を求められずにいたところ、練習生として乗り組んでいた1人の日本人が名乗りを上げた。『私が行きましょう。(たぶん英語で言ったんだろう)』

そう言うと彼はただ1人ボートに乗って奥尻島へと渡り、村民に急を告げ、救助に大活躍した。かの練習生こそ、有栖川宮威仁親王であった。





とまあ、美徳として語られるようなお話が残っているそうです。

※ウチのサイトは右系ではないですよ。念のため。



ちなみに、この人が最後の有栖川『親王』で、

この人の奥さんが亡くなって、

有栖川が途絶えたそうです。







さあ、皆さん、



大音量で

WEBへぇボタンをクリック!!!

http://www.dfnt.net/t/photo/column/he.shtml

(人気サイト『僕の見た秩序。』さま)





・・・ダカラ、トビア(笑)





徳洋記念碑ですが、

奥尻町ホームページに画像と地図が載っています。


※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。