気がつけばクリスマスまであとひと月ですね。友北@です。



我が家は全く無宗教なので、ただのイベントとして

クリスマスを楽しむ典型的な日本人家庭です。

今日、ツリー出しました。



ところで、今日はそのクリスマスネタとして、

面白い話を耳にしたのでご紹介します。









アメリカミネソタ州のミネソタ大学のお話。



この大学の構内には

モミの木
が多数あるそうなんですが、

毎年この時期、

クリスマスツリー用にと

盗まれる事件が多発
するそうです。









で、困った構内の管理人さん。











標的にされそうなモミの木に

片っ端から

『スカンク臭スプレー』

なるものを吹きつけまくったそうな。






このスカンク臭スプレー。

今時期の低温時にはあまり臭いを発しないそうですが、

暖かい室内等に入ったとたん、

強烈なスカンク臭

(つまり最も強力な屁臭)

を放つそうです。







で、



この管理人、

ルポッツさんの一言が素晴らしい。
















「今年も結局盗難されると思うが、盗んだ奴らの思い通りにならんとわかっているだけでも満足だ。がはは。」









おおう!このルポッツさん、

真の漢(おとこ)







なお、

この素敵なスカンク臭スプレーの効果が

来春まで持続する可能性もあり


春の訪れとともに馨しい香りに包まれた

素敵なキャンパスライフが送れるかも知れないそうです。




今時期、

留学するなら

ミネソタ大学だね!!




情報ソースはAir-G(FMラジオ)の放送、CNNこぼれ話からです。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。