あけまして

おめでとうございます。



本年も

よろしくお願いいたします。




管理人:友北@ななめし ねりこ@ななめし









やっぱりみなさん、

いくんでしょう?



初詣。





わが友北家は混んでいるところが非常に嫌いなので、

ほとぼりが冷めてから行きます。



まあ、

大体どんど焼きの日(正月飾りやしめ縄などを神社燃やす日)に

一緒に初詣するんですがね。





いそがしくて

いけない方もいるでしょうね、

初詣。






ご安心下さい。







そういう方は

当サイトに

お任せ下さい。





なんてったって、最近はお墓参りまでネットで済ます時代ですよ。





初詣だって、

ネットで

済ませることが

出来るじゃ

ないですか!


(出来ればお墓参りや初詣は実際に足を運びましょうね。)











はい、









我がサイトが誇る所縁(ゆかり)の神社ったら、













3



ハイ、

御珍宝神社ですね。








好きなだけ、お参りしてください!!



そして、友人や同僚に

自信を持って宣言してください!!



『オレの今年の

初詣は

御珍宝神社だったよ』

ってね!








※はじめてこれを知った方のためにちょっと説明。



詳しくは当サイトの過去日記:9月14日の日記にあります。



函館市、市営谷地頭温泉敷地内にある

御珍宝神社(一応正式名称らしい)です。


看板より抜粋:生命力や子孫繁栄のシンボルとして祀られる陰陽石は、邪気や役際を祓い、除去する呪力の源泉としてその昔、崇拝されていた。良縁、子宝、安産等にもご利益があるとされ、さらに地蔵信仰と結びつくなどして、子育てや子供の守護にも関与するなど様々習合している。(はこだて史譚より)この道祖神は、昭和27年の旧谷地頭温泉建設における構内整地の際に出土したものであり、当時の市長が珍しい宝であるとして「珍宝」と命名したと言われており、以来谷地頭温泉の構内に設置されている。このあたりは文久元年(1861年)から明治39年(1906年)まで割烹店浅田楼が営業していた場所ということもあって女将がお祀りしていたという話や、「みやぎ野」という遊郭に祀られていたという話の二つの説がある。



そういうわけで、当サイトは、函館市および道南の情報を提供するサイトです。













年賀状で数人にカミングアウトしたんですが、

その人が訪れた時にはこのネタです。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。