ヤツとの戦いは大方の予想を裏切り

長期にわたる様相を呈していた。




友北@ななめしです。



元来人間社会というのは古来より2大勢力に分かれて

戦いを繰り返してきた歴史を持っています。



その歴史の図式は単純に善か悪かで描かれないために、

歴史家は過去を楽しみながら紐解くことが出来るのかもしれません。



まあ、前置きはこのくらいにしましょう。





最近、

友北@ななめしが戦っていたもの。



それはご存知、



















トイレの玉。



香球とでも言いましょうか。



あの緑色の玉。



女性にはなじみがないかもしれませんね。



偶然そこにおかれた二つのうち、

右側だけを

集中的に狙う

という作戦を密かに行っていました。







しかし、

人間というのは所詮社会にでれば歯車のひとつ。



職場で多数(というほど人数が多い職場ではないのです)が

意識せずに玉に攻撃を加える中、



オイラだけは右側の玉だけを狙って頑張っていました。







やがて、

球の形が崩れてきました。




なんと、

二つの玉が

バカボンのお巡りさんの目みたいに

なってきた
のです。





写真に撮ろうかと思ったのですが、



男子トイレにデジカメを持っていって、

そこで同僚に会ってしまったらいいわけ出来ません。



・・・デジカメ持って、男子トイレからでてくる・・・。



ある意味現行犯。

いや、これは社会的な死を意味する事です。









で、画像はないんです。





とはいえ、

がぜん盛り上がる友北。



形勢は正直この時点では不利でした。



見た目では左の玉が優勢でした。



『ま、負けられない・・・。』



心には静かな闘志が湧いていました。





その後、



一週間ほどして、お巡りさんの目の付け根が折れるような形で、

二つの玉は別離しました。





玉は右が小さい!!



もしかしたら途中で入れ替わった可能性も否定できませんが、

しったこっちゃありません。





形勢逆転!!



がぜん尿意に勢いが出る友北。



後はこの右側の小憎らしい玉を数日ほど欠けて跡形もなく消し去ってやればいい。



この時点で日記にUPするネタまで思いを馳せていました。

















で、



今週になって、



見てみたら、



どっちも

無くなっちゃって

ましたよ。








掃除の時になにかあったのか・・・。







結局、



決着が付かないまま、



二つの玉は、



永遠の旅路に着いたのです。





















_| ̄|○<コ、コンナオチデスマソ・・・。





※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。