駒ケ岳 馬の背まで登山できます

駒ケ岳入山規制を11年ぶり緩和 6月から条件付き-北海道新聞[道内]

駒ケ岳が開山へ、12年ぶり入山規制を部分解除-函館新聞

今朝の北海道新聞、道南版には上記の記事よりもさらに詳しく説明がありましたが、タイトルの通り、11年ぶりに駒ケ岳への登山規制が緩和されることが決定しました。

駒ケ岳自然休養林保護管理協議会と、駒ケ岳火山防災会議協議会の合同会議で、噴火の兆候が見られないということで、規制緩和をしても安全面では問題がないという結論に達しました。

一般の登山ができるのは、1998年10月以来11年8ヶ月ぶり。
実際に登山可能となるのは、2010年6月から10月までの土、日、祝日で、7月下旬からの約1ヶ月間の夏休み期間は毎日可能となっています。また、登山の際は函館市・七飯町・森町・鹿部町居住者は、各自治体へ、それ以外の居住者で登山希望者は森町に届け出ることが義務付けられています。
もし、登山中に火山活動の急変が起こり緊急下山の必要がある場合は、届け出た自治体から登山者の携帯電話に連絡されるシステムになっています。

そして、実際に登れるのは森町から入山する赤井川登山道のみで、「馬の背」地点までとなっており、火口付近は立ち入り禁止です。

駒ケ岳・大沼周辺での楽しみ方の幅が、大きく広がったといえるでしょう。

↓ 地図は赤井川登山口 駐車場

[googlemap lat=”42.03667181587492″ lng=”140.66688537597656″ align=”undefined” width=”480px” height=”350px” zoom=”12″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道茅部郡森町赤井川[/googlemap]

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク