七飯町大沼国定公園・白鳥台セバット

七飯町、大沼国定公園内にある白鳥台セバットに、白鳥が飛来しています。この場所は真冬でも氷結しないため、渡り鳥の休息地となっており、道南では間近で渡り鳥を見られる場所のひとつとして有名です。

すぐそばに無料駐車場があり、ドライブの途中で気軽に立ち寄りやすくなっています。また無料の鳥用餌箱も設置されていて、鳥たちに餌付けできます。餌はない場合もありますが、JR大沼公園駅横の大沼国際交流プラザにて無料でいただけますので、こちらへ寄ってから白鳥台セバットへ向かうのもいいかもしれませんね。

鴨さんたちはとても敏捷で首も短く水面までの距離が短いので、餌を投げ入れるとものすごい勢いで食べつくしてくれます。白鳥さんは、首も長くのんびりしているので、餌を近くに投げても鴨に奪われてばかり。何とか白鳥さんに餌を、と、ついやっきになってしまいました。慣れている鴨さんは、水辺への階段をよちよちと登ってきて、手から直接食べていました。我が家の子供たちも大喜び。

今年は例年にない寒さで外出がおっくうになりがちですが、お手軽に立ち寄れますので、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。


[googlemap lat=”41.988842937467304″ lng=”140.66585540771484″ width=”480px” height=”350px” zoom=”13″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道亀田郡七飯町字大沼町568−3[/googlemap]

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク