陸軍省の標柱

道路の縁石と思いきや、「陸軍」の文字が見えますね・・・。

場所は、マリエール函館駐車場横です。

このあたりは、「函館重砲兵連隊」の兵舎がありましたので、その関係のものなのでしょうか。地面に埋まっている先にも、何やら文字が見えましたが、これ以上掘って確認することはできませんでした。

すぐに頭に浮かんだのは、これ↓

函館山に何本か立っている、津軽要塞の標柱です。でも、これ以上文字が読めないしなぁ・・・。

と思っていたら、北斗市郷土資料館にて同様のものと思われる石を発見。

「陸軍省管轄」と刻まれている。詳細は不明だが、要塞の境界線に立てられていた標石と思われる。

ということで、マリエール横の石は「陸軍省の標柱」のようです。他に残ってないかな~と、そのあたりをうろうろしましたが、見つけることはできませんでした。

他に残されている陸軍のものと言えば、

こちらのレンガ造りの門があります。

裏から見ると、

他にもよーく探せば何か見つかるかもしれませんね。目撃情報お待ちしています。

追記:
この記事は、当初日記カテゴリに所属していましたが、別カテゴリとしました。管理人日記には、従来通り友北氏の記事が更新されます。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク