津軽海峡

昔、竜飛岬の黒神と男鹿半島の赤神が十和田の女神を取り合いして、黒神は戦いに勝ったのだが、女神は負けた赤神に同情してとうとう一緒になってしまった。
絶望した黒神は、ものすごいため息をついた。すると、そのため息によって津軽から北海道が離れてしまったのだという。

また、波が荒いのは源義経がこの海を渡ったときに、義経をめぐって二人の女性が争い、大蛇となって暴れたからだという。

レポートと解説

津軽海峡は、3つの潮の流れがあり、複雑に絡み合っています。
しかし、そのおかげで暖流に乗ってくる魚も、寒流に乗ってくる魚も獲ることのできる、よい漁場となっています。

所在地
津軽海峡
参考文献
20/p.288
関連ホームページ

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク