アネロイド気圧計

アネロイド気圧計昭和3年に関川家より江差町に寄贈された、気圧計です。

直径30cmの文字盤で、長針が「しけ」「雨」「ぐずつく」「晴れ」「カラカラ」などを示す英語を指す仕組みになっています。
ニシン漁全盛期の当時、気圧計を持っていたのは親方だけだったので、漁師たちが出漁前にこの気圧計を覗いて、天気予報に役立てました。
なお、現在も作動中ですので、ぜひ覗いてみて下さい。
アネロイド気圧計の文字盤

スポンサーリンク