日暮山

小沼湖とジュンサイ沼の中間に位置し、標高303メートルの美しいお椀形の山です。

西大沼のかんぽの宿からさらに奥へ進むと、頂上の駐車場へ出ます。
この山は、昭和初期まで「小沼山」又は持ち主の名をとった「笠原山」と呼ばれていましたが、その後この山に登って大沼湖、小沼湖、ジュンサイ沼、駒ケ岳などの眺望を楽しんだ人々が、その景色の美しさに我を忘れ、気がついてみると日暮れであったということから、「日暮山」と呼ばれるようになったそうです。

日光を反射して輝く大沼湖、小沼湖、ジュンサイ沼は、湖畔巡りとはひと味違った眺めです。

スポンサーリンク