ホイドの穴

ホイドの穴「ホイド」とは、この地方の方言で「路上生活者」のことを指します。

昔から昭和初期頃まで、この洞窟を寝ぐらとして利用している路上生活者などの姿が、入れかわりたちかわりあったそうです。
その姿がたびたび村人の目に触れたため、「ホイドの穴」と呼ばれるようになったそうです。
洞窟の中は焚き火のためにすす光りとなり、今でもそのにおいが残っていると現地の看板にありますが、だんだんと洞窟が埋もれてきていて確認できませんでした。
また、明治元年の箱館戦争では、村人たちがこの洞窟へ隠れたとも言われています。

場所は国道沿いですが、近くにパーキングはないので、十分気をつけて車を停車させてくださいね。さらに、国道より2~3メートルほど低い位置にあり、そこへ下りる道なども無いようでした。私はどうしても近くに行きたかったので、無理やり下りました(笑)。時期によっては雑草も結構伸びています。
・・・・・・車から何となく眺める程度が一番いいかもしれません(苦笑)。

観光スポットのデータ
所在地 厚沢部町
料金 無料
営業時間
休日
問い合わせ
ホームページ
関連ホームページ

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク