くぐり岩

くぐり岩

乙部町字滝瀬の海岸にある穴。

今からおよそ400年前の慶長年間にニシン漁を支えるために掘削されたそうで、当時はこの一帯は陸地であったと考えられており、こんな形の岩になったとのことです。(檜山を旅しよう ~ 檜山振興局

くぐり岩入り口

国道に「くぐり岩」の看板があるので、そこから海側に舗装路を入ります。

少し進むと行き止まりになり、そこに駐車場があります。
すぐ横に看板がありますので、そこからは徒歩で向かいます。

くぐり岩 途中の岩

道の横には小川が流れており、川によって削られたと思われる地層が見事です。

くぐり岩 よい海岸

海岸が綺麗です~。

くぐり岩 上部の穴

上部の穴。

くぐり岩 超接近 地層に何かある

岩からぽつぽつと出ているのは、ノジュール(地層の中の何か(貝殻などであることも多い)を核にして、そこに珪質分や石灰分が付着していって、だんだんと塊になったもの)だそうです。

まさかノジュールとは思わずに観察だけして帰ってきたのですが、また訪ねる機会があったらぜひ割って中身を見てみたいですね。
化石が隠れているかもしれません。

参考サイト:渡島半島の自然を訪ねて

スポンサーリンク