栗原邸の大椿

この椿は、松前藩士笠島紋十郎の家系の者が、江戸時代末期に植えたものとされています。

当時、椿は高位の家柄の庭に植えられた樹木で、このことからも旧泉沢村が早くから拓けていた様子が伺えます。
幹は地面際より6又に分かれています。木古内町の歴史を示すものとして、北海道記念保護樹木に指定されています。

この大椿のある栗原邸は個人の住宅ですが、一言断っていただくとお庭を自由に見学させていただけます。くれぐれも、マナーを守って見学してくださいね。

  • 幹周/平均56cm
  • 樹高/6m
  • 樹齢/190年(推定)


スポンサーリンク