しみる

家族が寝静まったのでコッソリ更新。友北@ななめしです。
巷じゃ「国土交通省」への批判が高まっていますね。
道路特定財源とかなんとか。
道路についてみんなが議論する機会としては、
きっかけになったりするんじゃないですかね。
で、
名は体をあらわす
という言葉があります。
世の中のものをあらわすときに、名前はとても大切です。
関係ないですが、
自分の本名が太(ふとし)君でなくて
良かったとか思う気持ちがないわけでもありません。
そんなネーミングについて。
コレはどうですかね。
これも国土交通省が絡んでいるのでしょうか。
DSCN5880.jpg

念のため言っておくと、これは、融雪のための装置です。
ついでに、YAHOO辞書で調べてみると、
1液体や気体が他の物に移りついて、次第に深く広がる。また、にじんで汚れる。しむ。
2 液体や気体などの刺激を受けて痛みを感じる。しむ。
3 心にしみじみと感じる。しむ。
4 好ましくない気風の影響を受けて、その傾向をもつようになる。そまる。しむ。
いい意味少ない!
しみじみとは感じてなさそうだし(笑)
別の漢字(凍みる)だと、
「寒気が厳しくて、こおりつく。また、寒さが厳しくて、こおるように感じる。」
これはすでに融雪装置の意味は持ち合わせていない!!
深い!深すぎるよ国土交通省!
そんなわけで、道路特定財源の一部がしみる君のネーミング料とかに回されていることを夢見ながら去り行く冬に別れを告げ命が息吹く春の訪れを感じる春分の日が皆様のために良い一日でありますよに・・・。(まさかの綺麗な終わり方)

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク