死ぬかと思った

健康が一番。

友北ななめしです。

先週から娘インフルエンザ→息子帯状疱疹→息子手足口病の連続コンボで病院通いっぱなしの友北一家。そんなオイラにもついに魔の手が。


朝方にものすごい悪寒から発熱。

午前中には40.3度を記録。どこぞの都市の最高気温か!

さすがにこれはまずいと思い、病院へ。

インフルエンザだと発熱してから5~6時間は検査に反応しないが、頓服使わないと死ぬと思った。

病院に着くと隔離されてベッドに横にされ、診察、血液検査、投薬(注射など)、はては会計からお薬出してもらうまで数時間ベッドの上でプチ入院状態。

意識朦朧で半覚醒状態でいろいろやった感じ。でも結果は、『なんかはっきりしないからインフルの特効薬は飲んどいた方がいいんじゃね?』的な感じで粉薬吸わされた。『あとわかんないけど一応感染症予防薬も飲んどいた方がいいよ』的な薬と、『インフルだったらあんまり熱下げるのよくないから、あんまり効かないほうの頓服だすね』って薬もらった。『あ、でも関節痛いみたいだから即効性の頓服注射はするね』って。

家に帰ってきたらムスメの学校から連絡あって、『熱出したから迎えに来てちょ』

嫁が小児科に連れて行ったら『ヘルパンギーナですね。お父さんもそれじゃないですか?』だって。内科ではあんまりすぐに診断されないらしい。確かにのど痛いし高熱でてる。つーか、頓服注射して39.9度とかどーよ?どんだけ免疫暴走してんだ。

娘とオイラと横になってウンウンうなっているしかない。一応娘に励ましの言葉をかけてやる。『ムスメ、熱が出して仲間だな。だが、お父さんは39.9度だぞ。お父さんの勝ちだ。(訳:ムスメよ、熱を出してつらいよな。その辛さよくわかるぞ。だが心配しなくていい。もっと熱が出てしまったとしても、死んだりしないから大丈夫、安心しなさい。)』きっと真意は伝わらなかっただろう。

夜。熱が下がらん。頓服切れる時間になると、ものすごい悪寒が襲ってきて苦しい。再び40.2度。どれだけ猛暑日だ。今夜は熱帯夜も覚悟だなと思ったら、そのとおりだった。2時間ごとに眼が覚める。長い夜(松山千春)だ。あ、これ打ち込んでる今も具合わるいので、こういうのはスルーで。

夜明け。具合悪くて眼が覚めるもんで早起き。まだ39.4度とか。もう、40度じゃないからよかったとか思う自分が泣ける。凍ったペットボトルをそのまま直に首筋に当てても冷えすぎるって事がないんだよ。スゲーなオイラ。次世代エネルギー問題解決じゃね?

午前中、朝になったからなんとか頓服使わずに過ごそうと頑張るオイラは美しい。相変わらず体温計使いまくるが、全然39度台から落ちねぇ。心持ち食欲が出てきたので、昼に嫁が作ってくれたうどんを食う。すっぱい。まさかココに来て嫁がオイラに腐ったものを食わせて毒殺を図っている真実が明らかになるとは!でもなんか、酸っぱいのはうどんというより汁だ。ためしにケチャップをなめてみた。世界の法則が乱れた。シェークスピア曰く『これはケチャップではない、ただのトマトくさい酢だ。』どうやら、味覚の甘さを感じる部分がおかしくなっているらしい。嫁ヌンティウスよスマン、私を思いっきり殴れ!私はただの一度だけお前を疑った!

午後つーか夕方。ムスメが回復。オイラは待望の38度台。でも、なんかおかしい。何だこの発疹は。腕にプツプツと。嫁が『あーそういえば、小児科の先生が、お父さんは手足口病かもしれませんねー。ヘルパンギーナと同じ系統のウィルスだし。とかなんとか言ってた』熱が下がってきたけど頭は痛いし、もう何でもいい。

夜。38度台後半が続くけど、大分楽になった。しかし、食いもんはうまくない。とろけるシチュー(クリーム)を作ってもらったんだが、なんか不思議な味だ。牛乳風味のあたたかい薄味スープみたいな感じ。しかも舌がざらざらな感じで全然クリーミーじゃないしとろけないシチューだ(※あくまで病魔に侵された個人の感想です)。なんだか、掌が痛い。足の裏と足の指の間が痛い。ブツブツ増えてきた。これは、もう手足口病っぽくね?あと、なんか末っ子の顔にブツブツできてきた。

翌朝。末っ子は病院で水疱瘡と手足口病併発との診断。おいおい。大丈夫か。ブツブツが少しだけ痒い。鏡で顔みたら顔にもイパーイできてる。

これはやべぇ。

大人でこれは超まじぃぃぃぃwwwwwwww

外出できねぇwwwww

ぜってーみんなソッコーよけるwwwwww


しかし、別の意味で外出なんかできねぇ。歩くと足の裏が痛くてたまらん。掌も普通にしてても痛い。

我慢できる程度の痛みではあるんだが、痛い。痒い。痛みとしては、スーファミのストリートファイター2を友だちとやりこんだ次の日の左手親指の腹の痛みが掌と足の裏全体にある感じだ。

調べてみたら、手足口病は特効薬とかなくて、対処療法しかないんだと。大人もかかるとか書いてあるけど、4歳くらいまでのコドモがかかって2歳までが半数だとさ。

38歳児でこれほどじゅうしょうとかなんパーせんとのかくりつだよ。

やと ねつ ひいた も とても いたい かゆい

今日 はらへったの、うどん くう すっぱか です

いたいかゆい

すこっとーきた

いたいかゆいいたい

かゆい うま







※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク

『死ぬかと思った』へのコメント

  1. 名前:なりたり 投稿日:2010/12/19(日) 16:43:03 ID:3b1b0f622 返信

    大変でしたね。もうだいぶ良いのでしょうか?
    お大事になさってくださいm(_ _)m

    • 名前:ねりこ@ななめし 投稿日:2010/12/20(月) 07:23:15 ID:61b6007bb

      なりたりさん、ありがとうございます。
      おかげさまで、今日普通に歩けるようになりました。
      でもまだ手足に赤いぶつぶつが・・・。
      そして歩けるようになったとはいえ、まだ痛みは残っているそうです。

      子どものかかる病気って、大人がかかると総じて重症化しやすいような気がします(´;ω;`)

  2. 名前:くにごろう 投稿日:2010/12/19(日) 21:23:54 ID:b4267e4aa 返信

    ずぅーーとごぶさたの くにごろうです。
    大丈夫ですか?私も先日風邪をひき、娘の個人懇談で休みを取ったのに「寝て曜日」になりました。
    寒さも厳しくなってきましたのでお体大切にしてください。

    追伸 バイオハザード 懐かしいですね。(^о^)

    • 名前:ねりこ@ななめし 投稿日:2010/12/20(月) 07:29:07 ID:61b6007bb

      くにごろうさん、ありがとうございます。
      娘の学校ではインフルエンザが大流行し、息子の幼稚園では水疱瘡も流行中、もちろん普通の風邪もとっても流行っているみたいですね。
      くにごろうさんも、お大事になさってください。
      家族全員が病魔にやられているというのに、私だけ何にも感染していないのがかえってこわいです。このあと一気に来なければ良いのですが。

      バイオハザード、子どもが生まれてからは子どもの前でできないのでしばらくやっていませんが、「かゆい うま」はしばらく家族で流行るくらい衝撃でした(`・ω・´)