七飯町歴史館にて「顎と角」「ななえの水」展

七飯町歴史館にて、ロビー展「顎と角」が開かれています。(冬の画像しかなかった(;´Д`))
歴史館さんでは、私の記憶が確かなら毎年この夏休みの時期に、クワガタやカブトムシの展示が行われていまして、我が家でも毎年ムシ好きの息子を連れて楽しませていただいております。

今年はクワガタの生体と標本が中心ですが、 カブトムシくんもおりました。中でも、北海道に生息しているクワガタが生体で見られるのが、夏休み自由研究中の子どもたちにとっても、大昔に少年だったお父さんにも、嬉しい展示なのではないでしょうか。また、世界のクワガタも生体展示していて、DSやWiiのゲームでおなじみの「どうぶつの森」シリーズに登場したニジイロクワガタなども見ることができます。

一方で、外来種が比較的容易に手に入りやすい環境になったため、外来種が野に放たれて日本の昆虫の生態系を破壊しつつあるという警鐘にも触れられています。

さらに、テーマ展として「ななえの水」も同時開催中。こちらは横津連山の豊富な湧き水を利用している七飯町の水に関する展示で、水についてだけではなくその森に生きる動物たちの生体・標本展示もあります。

「顎と角」展は、平成23年7月26日(火)~8月31日(水)。
「ななえの水」展は、平成23年7月22日(金)~9月4日(日)。
開館時間は、9:00~17:00。
入場無料ですので、ぜひ足を運んでみてください。

問い合わせ:七飯町歴史館(TEL 0138-66-2181)

[googlemap lat=”41.897211″ lng=”140.695261″ align=”center” width=”480px” height=”350px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]北海道亀田郡七飯町本町6丁目1−3[/googlemap]

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク