丈が短いのが・・・

北斗市の郷土資料館いったー

大工さんの箱おもしれー

サイレンいじったー

でっけー音が
止まんねーwww!

稲作の資料あったー

なんかマーカーラインの
意味不明ー

あーでも良く見たらわかったー

ホントーに重要なのは黄色じゃないー

うっは!ビバ!!
チンコ坊主!

丈が短いのが
チンコ坊主!!

いいぞ昔の人!!

ちなみに、旧大野町郷土資料館には、土方歳三が愛用していた「兼定」の銘を冠する脇差が展示されています。なんでも、箱館戦争の二股口の戦いの後、旧大野村にあった旅籠に世話になっていた旧幕府軍の誰かが代金の換わりに置いて行ったそうです。学芸員の方は「兼定は偽物が多いので、これもきっと偽物ですよハハハ」と仰っていましたが、鑑定はしておらず真偽は不明だそうです。

激しい銃撃戦となった二股口の戦い。刀の時代の終焉を感じ取っていた土方。部下達の代金として旅籠屋に残された土方の脇差「兼定」。自分たちの敗北を感じ取りながらも礼を尽くす・・・なんて考えると、ちょっぴりロマンチックじゃありませんか。所詮チンコ坊主な管理人の戯言ですがね。

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク