いい天気でしたね。



今日は父の日です。







そうそう、

こんなエピソードありました。









ウチの姉がまだ小学生だった頃。



いつもどおりの親子の会話。



姉はふとした疑問を母親にぶつけました。











姉 『ねえ、お母さん。

こどもの日ってどんな日?』








ごく普通の日常会話ともいえます。



母は忙しかったのか、

適当に答えました。







数日後、悲劇が訪れました。









学校の帰りの会で当時の担任がこんな質問をしたのです。



担任 『こどもの日って

どんな日か知ってるかな?」




してやったり!!



数日前、母に対して質問したことが今まさにここで花開こうとしている!



そう思った姉は力の限り挙手し、声を限りに叫びました。













『いい子になって

お母さんを

喜ばせる日


です!!』


























さすがウチの親!


大胆なこどもの日の解釈に頭が下がりますな。

毛沢東のお土産(過去日記参照)

を選ぶだけのことはあります。








それ以来、わが実家では、



「こどもの日」

   ↓

「いい子になって親を喜ばせる」




の公式がなりたっています。





しかし、

我々も負けてはいません。



母 『もうすぐ母の日だね~。たのしみだね~。』



オイラ 『そうだね~。たのしみだね~。なんたって、いい母親になって子供を喜ばせる日だもんね~。』



母『
!!!!





当然、父の日もしかるべし。







ま、こんなこといってられるのも、親が元気なうちですね。



このサイトを見てくださった方々、



まだ間に合うのでなにかしてあげましょうね。

せめて電話でも。







ウチ?









今日、電話して親父の服のサイズ聞いたら、

酒がいいって言われました。


※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。