今日はあのことには触れてやるもんか。



みなさんこんばんは。

プライベートの方で激烈に笑えないネタが勃発したんですが、

ここで発表できないようなネタなので、

神様をちょっとうらんでしまう友北@です。

すいません、公表できないようなことを、

ココに乗せること自体がおかしいんですが、

そうでもしないとまともな精神状況ではいられなかったんです。





はあ~。



ごめんなさい。4月過ぎくらいに発表できるかも。





さて、



気を取り直して行きましょう。



前向き前向き!





で、



うちのサイトの名前、

覚えていただけました?



頭に「遊ぶべ!」ってついてますよね。



これ、方言です。







北海道の一部では

「~だべ」とか、

「~だべさ」とか、

「~するべ」とか、

「べ」
よく使います。





他にも、

「~べや」

と、語りかけたりするバージョンもあります。





方言でないと表現できない言葉ってのがよくあります。



たとえば、北海道を代表する方言、



「なまら」「だで」は、

標準語で「とても」と同義ですが、



北海道人は



とても<なまら・だで



という表現で使います。



さらには、



なまら<なんまら



などの最上級形も存在します。





また、函館近郊で使われる「いづい」というのは



気になる<いづい<痛い



という感じです。



「あづましい」なども、

標準語では言い表しにくい言葉の一つです。





そんな北海道の方言に、

北海道人は誇りを持っています。


ええ、

それはあらゆる身分、

職種を問わずです。




何故なら、北海道人だからです。



一般人だろうが、

国家権力を持つものであろうが、

北海道知事だろうが、

全員です。










その証拠をお見せしましょう。





べあー


















   

         文字部分拡大です。

          ↓

べあーー










はい。







この看板、設置したのは、



警察署です。




当然、看板設置にあたり、会議等がもたれたはずですね。



「えー、例の道路の看板設置に関しての会議を始めます。なにかご意見は。」

「課長、<危ないベアー>でどうでしょう。」

「ほう、それで事故率の低減が見込めるのかね。」

「ええ、そりゃもう。」

「よし、ではその方向で。」



・・・・。

平和な町ですね。

みなさん、

平和な地域、

道南へぜひお越しください。







ちなみに、

この看板、



夜になると





夜べあー











ホラーかよ!



そこだけ反射材使っても、

「ベアー」かどうかわからないし。



雪男か、ふすま(妖怪)みたいでしょ。





※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。