山内温泉長生湯:函館市

函館市、湯の川電車道路沿いの市街地に昔からあった温泉旅館兼温泉銭湯だったが、20年程前に旅館は廃業。温泉の営業は続けている。

源泉は市所有の温泉井戸で、植物園から配湯されているそうだ(源泉温度は65度)。昭和のノスタルジーを感じられる温泉で、かなりの穴場。源泉かけ流し。

おすすめ度
★★★★★ 泉質最高級
おすすめポイント
設備は古いが泉質は最高ランク。なんといってもお湯は植物園のお猿さんたちと同じ泉質。こじんまりとした浴槽で、ぬる目の浅く狭い浴槽と、熱くて深い浴槽の二つがある。湯の注ぎ口の木栓をはずせば数分で激熱の浴槽になる。温泉成分は濃く、湯の川温泉の本質を知るためには、ぜひ入りたい温泉。せっかくなので、トイレの場所を聞いて行って見ると話の種になるかも。
ご近所の見所・食べ所・冒険所
湯の川の団子屋さん「銀月」ならび。
日帰り温泉施設のデータ
泉温 中温~激熱
泉質 ナトリウム-カルシウム塩化物泉/非循環
設備 シャワーあり。混合水栓なし。
露天風呂 なし
所在地 函館市湯川町2-20-9
料金 大人390円小学生140円幼児70円
営業時間 6:00~22:00
休日 火曜日(祝日なら翌日休)
問い合わせ 0138-59-2681
ホームページ
関連ホームページ

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク