赤松街道

昭和61年に日本の道100選にも選ばれている、赤松並木の道で、1892年に明治天皇の来道を記念して、国道5号線沿いに植樹されたのが始まりだそうです。

当時は現在の函館市桔梗町~七飯町峠下までの14.3kmでしたが、この並木の保護が行われる前の開発によって、数が減ったといいます。
現存している並木でもっとも美しいところは、七飯町大中山~鳴川までの約2kmの区間となっています。
ちなみに、赤松の天然分布の北限は青森県とされていますが、ここの赤松は厳しい環境の中、樹齢130年の赤松もあるとのことです。

観光スポットのデータ
所在地 函館市桔梗町~七飯町峠下
料金
営業時間
休日
問い合わせ
ホームページ
関連ホームページ

※記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。

スポンサーリンク