大野川沿い桜並木

旧大野町市街地の大野川沿いに、ソメイヨシノを中心としたおよそ100本ほどの桜並木があります。

道の両側が樹齢50年程の桜に覆われ、満開になった景色は圧巻です。
車でも通れますが、ここはぜひのんびりと散歩してみましょう。
すぐ横を大野川が流れ、とても気持ちの良いところです。
毎年5月の連休時期に、満開になるようです。
この桜並木は、昭和34年(1959)当時の皇太子殿下(平成天皇)のご成婚を記念して町が植えたもので、5年ほど育苗した取り寄せ、町民の協力で植樹されました。
当初は150本ほど植えられましたが、その後の道路整備や河川改修で伐採されたり、一部が枯れたりして減ってしまいました。
当時は大野川沿いに綿羊がよく放牧され、苗木を荒らされたともいわれているそうです。


[google-map-v3 width=”350″ height=”350″ zoom=”12″ maptype=”roadmap” mapalign=”center” directionhint=”false” language=”default” poweredby=”false” maptypecontrol=”true” pancontrol=”false” zoomcontrol=”true” scalecontrol=”true” streetviewcontrol=”true” scrollwheelcontrol=”false” draggable=”true” tiltfourtyfive=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkerlist=”41.885505684236115,140.63847541809082{}binoculars.png{}大野川沿い桜並木” bubbleautopan=”true” showbike=”false” showtraffic=”false” showpanoramio=”false”]

スポンサーリンク