栃の木さん

この木は、樹齢800年余りと推定されるトチノキで、地上約2.5mのところで枝が互いに連結しているので、連理木と言われています。
北海道開拓使長官、黒田清隆が巡視の際、この木に驚嘆して世に伝えたとのいわれがあります。
さらに明治28・9年頃からは単に珍木としてだけではなく、厄を防ぐ霊木として信仰され、「とちのきさん参り」と称されているそうです。
実際にいくつかの伝説も残されていますので、はるか昔から人々に大事にされ続けてきた木なのでしょう。
白木神社(栃ノ木神社)境内にあります。

  • 幹周/545cm
  • 樹高/13m
  • 樹齢/800年以上(推定)

栃の木さん

栃の木さん

栃の木さん

栃の木さん

栃の木さん

栃の木さん

栃の木さん

栃の木さん

スポンサーリンク