アネロイド気圧計

アネロイド気圧計昭和3年に関川家より江差町に寄贈された、気圧計です。

直径30cmの文字盤で、長針が「しけ」「雨」「ぐずつく」「晴れ」「カラカラ」などを示す英語を指す仕組みになっています。
ニシン漁全盛期の当時、気圧計を持っていたのは親方だけだったので、漁師たちが出漁前にこの気圧計を覗いて、天気予報に役立てました。
なお、現在も作動中ですので、ぜひ覗いてみて下さい。
アネロイド気圧計の文字盤
[google-map-v3 width=”350″ height=”350″ zoom=”12″ maptype=”roadmap” mapalign=”center” directionhint=”false” language=”default” poweredby=”false” maptypecontrol=”true” pancontrol=”false” zoomcontrol=”true” scalecontrol=”true” streetviewcontrol=”true” scrollwheelcontrol=”false” draggable=”true” tiltfourtyfive=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkerlist=”41.865869616721504,140.1213240623474{}binoculars.png{}アネロイド気圧計” bubbleautopan=”true” showbike=”false” showtraffic=”false” showpanoramio=”false”]

スポンサーリンク